樹木の花 > 樹の花ノート > 小笠原の植物(固有種)
小笠原の植物(固有種)
 東京から1000㎞も離れた小笠原諸島の島々は海底火山の隆起により形成されたもので、日本本土や大陸と一度もつながったことがない海洋島です。このため独自の進化を遂げた独特の生態系となっていて、他の地域では見られない多くの固有種の植物が存在します。植物では自生種の約5割が固有種とされている。
 都内では、小石川植物園や神代植物公園、新宿御苑、夢の島熱帯植物館などの温室にて保存・生育されている小笠原の植物に出会うことができます。
(小笠原の植物の一覧)
(樹木)
オガサワラクチナシ シマザクラ ユズリハワダン ワダンノキ
シマムラサキ ムニンシャシャンボ ムニンヒメツバキ コバトベラ
イオウノボタン ムニンノボタン ヒメフトモモ アデクモドキ
ムニンネズミモチ
(草木)
オオハマギキョウ ツルワダン オオハマボッス シマカコソウ
ムニンタツナミソウ ムコジママンネングサ ムニンタイトゴメ

小笠原の植物 (小笠原諸島の固有種)
(木本) 注)
 オガサワラクチナシ(小笠原梔子) アカネ科 VU
 シマザクラ(島桜) アカネ科 VU
 ユズリハワダン キク科 EN
 ワダンノキ(海菜木) キク科 VU
 シマムラサキ(島紫) シソ科 CR
 ムニンシャシャンボ(無人子子ん坊) ツツジ科 VU
 ムニンヒメツバキ(無人姫椿) ツバキ科
 コバトベラ(小葉扉) トベラ科 CR
 イオウノボタン(硫黄野牡丹) ノボタン科 VU
 ムニンノボタン(無人野牡丹) ノボタン科 CR
 ヒメフトモモ(姫蒲桃) フトモモ科 VU
 アデクモドキ フトモモ科
 ムニンネズミモチ(無人鼠黐) モクセイ科
 
(草本)
 オオハマギキョウ(大浜桔梗) キキョウ科 EN
 ツルワダン(蔓海菜) キク科 VU
 オオハマボッス(大浜払子) サクラソウ科
 シマカコソウ(島夏枯草) シソ科 CR
 ムニンタツナミソウ(無人立浪草) シソ科 VU
 ムコジママンネングサ(聟島万年草) ベンケイソウ科
 ムニンタイトゴメ(無人大唐米) ベンケイソウ科 EN

注)絶滅危惧種のカテゴリー
  絶滅(EX) 野生絶滅(EW) 絶滅危惧IA類(CR) 
  絶滅危惧IB類(EN) 絶滅危惧II類(VU) 準絶滅危惧(NT)
(参考)環境省絶滅危惧種検索
   https://ikilog.biodic.go.jp/Rdb/env

樹木の花 > 樹の花ノート > 小笠原の植物(固有種)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可