樹木の花 > 樹の花ノート > シマムラサキ(島紫)
シマムラサキ(島紫)
名 前 シマムラサキ(島紫)
科 属 シソ科ムラサキシキブ属
分 布 小笠原固有種、父島と兄島にのみ自生
開花時期 8月~11月頃
その他 常緑低木、絶滅危惧IA類(CR)
ムラサキシキブ属の仲間 ムラサキシキブ コムラサキ シマムラサキ
 (木の実)シロミノコムラサキ  ヤブムラサキ
      カリカルパ・カタヤナ  カリカルパ・ボディニエリ

(シマムラサキ)2021.9@小石川植物園 淡紅色の花

(シマムラサキ)2022.1@小石川植物園 紅紫色の果実
シマムラサキ(島紫;シソ科ムラサキシキブ属)。小笠原固有種の常緑低木。父島と兄島にのみ自生し、やや湿性化した林内を好む。葉は光沢があり、長楕円形でほぼ全縁。集散花序は腋生し、8月~11月頃に淡紅色の花が密生する。花冠は4裂する。果実は紅紫色に熟す。絶滅危惧IA類(CR)。

樹木の花 > 樹の花ノート > シマムラサキ(島紫)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可