樹木の花 > 樹の花ノート > ハクサンボク(白山木)
ハクサンボク(白山木)
名 前 ハクサンボク(白山木)
科 属 レンプクソウ科ガマズミ属
分 布 主に西日本の海岸沿いや林地に自生する
開花時期 3月~4月頃
その他 常緑低木
ガマズミ属の仲間
   ガマズミ オオデマリ オトコヨウゾメ カンボク ゴマギ
   サンゴジュ チョウジガマズミ ニイタカガマズミ ハクサンボク
   ミヤマガマズミ

(ハクサンボク)2021.12@小石川植物園
伊豆、小笠原、九州などを原産とする常緑低木ハクサンボク(白山木;レンプクソウ科ガマズミ属)。主に西日本の海岸沿いや林地に自生する。当初、石川県の白山が原産地だと間違われて「白山木」と命名された。葉は大きく、ガマズミと異なり光沢があり、冬に色づく。3月~4月頃、白い小さな花をつける。秋に赤い実が熟し、食することができる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ハクサンボク(白山木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可