樹木の花 > 樹の花ノート > サンゴジュ(珊瑚樹)
サンゴジュ(珊瑚樹)
名 前 サンゴジュ(珊瑚樹)
科 属 レンプクソウ科ガマズミ属
分 布 日本・台湾が原産、関東地方以西~沖縄に分布
開花時期 初夏
その他 常緑高木
ガマズミ属の仲間
   ガマズミ チョウジガマズミ オオデマリ カンボク ゴマギ
   サンゴジュ
(赤い実)
 オトコヨウゾメ テマリカンボク ニイタカガマズミ ミヤマガマズミ

(サンゴジュ)白い花 2021.5@靖国神社

(サンゴジュ)赤い実 2016.8@小石川植物園

(サンゴジュ)赤い実 2005.8@小石川植物園
サンゴジュ(珊瑚樹;レンプクソウ科ガマズミ属)。日本・台湾が原産で、関東地方以西~沖縄に分布する常緑高木。初夏、枝先に円錐花序を形成し、小さな白い花が多数咲く。夏~秋に実が赤く熟し、この実を海のサンゴに見立て和名がつけられた。葉は細長い単葉で光沢がある。材を燃やすと泡を吹くほど水分が多いことから、防火樹や防風樹に利用される。

樹木の花 > 樹の花ノート > サンゴジュ(珊瑚樹)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可