樹木の花 > 樹の花ノート > テーダマツ(タエダ松)
テーダマツ(タエダ松)
名 前 テーダマツ(タエダ松) Loblolly Pine
科 属 マツ科マツ属
分 布 米国南東部に広く分布
開花時期 2月頃(花粉放出)
その他 常緑針葉樹
マツ属の仲間
  アイグロマツ アカマツ カイガンショウ クロマツ シロマツ
  タイワンアカマツ タカネゴヨウ テーダマツ ヨーロッパクロマツ

(テーダマツ) 2020.6@小石川植物園 ナツヅタが幹に絡む

(テーダマツ) 2021.6@小石川植物園 古い松かさ

(テーダマツ) 2021.11@小石川植物園 新しい松かさ

(テーダマツ) 2022.1@小石川植物園 常緑の木立

(テーダマツ) 2022.1@小石川植物園 新年の冠雪
テーダマツ(タエダ松;マツ科マツ属、英名:Loblolly Pine)の高木。米国南東部に広く分布する常緑針葉樹。針葉は3枚が束生する三針葉マツの一種。雌雄同株で、2月以降花粉を放出する。細長い球果 (松かさ)は熟すと淡い黄褐色になる。テーダマツは木材のほか、パルプ・製紙の原料などに使われる。
 小石川植物園に生えるテーダマツの幹にはナツヅタ(夏蔦;ブドウ科ツタ属)がびっしりと絡みついています。

樹木の花 > 樹の花ノート > テーダマツ(タエダ松)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可