樹木の花 > 樹の花ノート > ヒイラギバツバキ(柊葉椿)
ヒイラギバツバキ(柊葉椿)
名 前 ヒイラギバツバキ(柊葉椿)
科 属 ツバキ科ツバキ属
分 布 江戸時代の頃から栽培
開花時期 2月~4月頃
その他 常緑樹、ヤブツバキの園芸品種
ツバキ属(椿)の仲間  ツバキ(椿)
  ヤブツバキ シロヤブツバキ ユキツバキ ヒイラギバツバキ
  カメリア・ドルピヘラ グランサムツバキ ホンコンツバキ

(ヒイラギバツバキ)2011.2@小石川植物園
常緑樹のヒイラギバツバキ(柊葉椿;ツバキ科ツバキ属)。わが国のツバキの原種のヤブツバキ(藪椿)の園芸品種。江戸時代の頃から栽培されていて、江戸古書にも記載されている。2月~4月頃に一重の真紅の花が咲く。細長い葉は他のツバキと異なり、ヒイラギの葉に似て縁の鋸歯が荒い。

樹木の花 > 樹の花ノート > ヒイラギバツバキ(柊葉椿)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可