樹木の花 > 樹の花ノート > チャノキ(茶の木)
チャノキ(茶の木)
名 前 チャノキ(茶の木) 、英名:Tea plant
学 名 Camellia sinensis
科 属 ツバキ科ツバキ属
分 布 インド、ベトナム、中国南部が原産地
開花時期 10月~12月
その他 常緑樹
(チャノキ)2014.11@皇居東御苑 白い花
インド、ベトナム、中国南部が原産の常緑樹チャノキ(茶の木)。熱帯から暖帯のアジアに広く分布する。 わが国では各地に茶産地が形成され、茶畑での路地栽培が盛ん。栽培地から逸出し、山林で見かけることも多い。10月~12月に白い花が咲く。ツバキ科ツバキ属(茶)。
ツバキ科のチャノキ(Camellia sinensis)の茶葉から飲料用の緑茶や紅茶が作られる。日本の茶畑で緑茶用に栽培される基準変種のチャノキ(var. sinensis)とアッサム地方の茶畑で紅茶用に栽培されるアッサムチャ(var. assamica)が有名。

(チャノキ)2015.4末@皇居東御苑 新緑の茶葉
チャノキの新緑の茶葉がどんどん伸びてきました。お茶は早い時期に摘むほど甘いものができるため、5月初旬の八十八夜の頃が茶摘みの最適期になる。
茶葉から作られる茶は、日本の緑茶や中国の各種のお茶、西洋の紅茶など、コーヒーと並び世界で最も重要な飲料の1つになっている。

(チャノキ)2022.2@小石川植物園
葉は枝に互生し、短い葉柄がある。形状は長楕円形で先端が尖り、縁に鋸歯が並ぶ。葉質は薄い革質で、ツヤがある濃緑色の葉の表面は葉脈に沿ってくぼむ。
ツバキ属の仲間
    ツバキ(椿) サザンカ(山茶花) チャノキ(茶の木)
(椿)
  ツバキ ヤブツバキ シロヤブツバキ ユキツバキ
  ヒイラギバツバキ カメリア・ドルピヘラ キンカチャ
  グランサムツバキ トガリバツバキ ホンコンツバキ
(山茶花)
  サザンカ ウスバヒメサザンカ カンツバキ タイワンサザンカ
  トガリバサザンカ ハルサザンカ ヒメサザンカ ヤナギバサザンカ
  ユカリツバキ
(茶の木)
  チャノキ アッサムチャ トウチャ ベニバナチャ

樹木の花 > 樹の花ノート > チャノキ(茶の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可