樹木の花 > 樹の花ノート:チャノキ(茶の木)
チャノキ(茶の木)
名 前 チャノキ(茶の木)
科 属 ツバキ科ツバキ属
分 布 インド、ベトナム、中国南部が原産地
開花時期 10月~12月
その他 常緑樹
ツバキ属(茶)の仲間  チャノキ アッサムチャ ベニバナチャ

(チャノキ)2014.11@皇居東御苑
インド、ベトナム、中国南部が原産の常緑樹チャノキ(茶の木)。熱帯から暖帯のアジアに広く分布する。 わが国では各地に茶産地が形成され、茶畑での路地栽培が盛ん。栽培地から逸出し、山林で見かけることも多い。10月~12月に白い花が咲く。ツバキ科ツバキ属(茶)。

(チャノキ)2015.4末@皇居東御苑
チャノキの新緑の茶葉がどんどん伸びてきました。お茶は早い時期に摘むほど甘いものができるため、5月初旬の八十八夜の頃が茶摘みの最適期になる。

樹木の花 > 樹の花ノート:チャノキ(茶の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可