野の花プラス > 野の花ノート > イチハツ(一八、鳶尾草)
イチハツ(一八、鳶尾草)
名 前 イチハツ(一八、鳶尾草)
科 属 アヤメ科アヤメ属
分 布 中国四川省原産
開花時期 4月~5月
その他 多年草
アヤメ(アヤメ属)の仲間
   アヤメ ヒオウギアヤメ ナスヒオウギアヤメ
   イチハツ カキツバタ カマヤマショウブ キショウブ
   ジャーマンアイリス シャガ ハナショウブ  ノハナショウブ
 ※ 花の形状が似ているものが多く、なかなか見分けが難しい。

(イチハツ)2008.5@小石川植物園

(イチハツ)2003.5@小石川植物園
中国四川省原産の多年草イチハツ(一八、鳶尾草;アヤメ科アヤメ属)。わが国へは室町時代に渡来し、以来観賞用として栽培。4月~5月、花弁に鶏冠状の突起ある美しい青紫色の花が咲く。葉幅が広く低く垂れる。耐寒性、耐乾燥性あり。アヤメ属の仲間の中で「いち早く咲く」のでこの名が付く。また萱屋根に植えられたため roof iris とも呼ばれている。

野の花プラス > 野の花ノート > イチハツ(一八、鳶尾草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可