樹木の花 > 樹の花ノート > メグスリノキ(目薬木)
メグスリノキ(目薬木)
名 前 メグスリノキ(目薬木)
科 属 ムクロジ科カエデ属
分 布 東北地方中部以南に自生
開花時期 4月~5月頃
その他 日本固有種、落葉高木、紅葉樹、薬効(眼病等)
カエデ、モミジ(カエデ属)の仲間 …… カエデ
   イタヤカエデ イロハモミジ ウリカエデ カジカエデ
   チドリノキ トウカエデ ハナノキ メグスリノキ
   ウラゲエンコウカエデ タムケヤマ ヒナウチワカエデ
   ヤクシマオナガカエデ ヨーロッパカエデ 

(メグスリノキ)2021.4@小石川植物園

(メグスリノキ)2013.12@小石川植物園
メグスリノキ(目薬木;ムクロジ科カエデ属)。日本固有種で東北地方中部以南に自生する落葉高木。晩秋の真赤に燃えるような紅葉は実に見事です。葉は3枚の複葉がつき対生する。新葉の展開とともに側芽から出る散形花序に小さな淡黄色の花がつきます。
戦国時代の昔から樹皮を煎じて眼病に効く目薬として使用していたことから和名が由来。眼病のみならず、二日酔い、肝機能の向上、動脈硬化予防等にも効果があるとされる。

樹木の花 > 樹の花ノート > メグスリノキ(目薬木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可