樹木の花 > 樹の花ノート > チドリノキ(千鳥の木)
チドリノキ(千鳥の木)
名 前 チドリノキ(千鳥の木) 別名:ヤマシバカエデ
科 属 ムクロジ科カエデ属
分 布 本州、四国および九州に分布
開花時期 4月~5月頃
その他 日本固有種、落葉小高木
カエデ、モミジ(カエデ属)の仲間 …… カエデ
   イタヤカエデ イロハモミジ ウリカエデ カジカエデ
   チドリノキ トウカエデ ハナノキ メグスリノキ
   ウラゲエンコウカエデ タムケヤマ ヒナウチワカエデ
   ヤクシマオナガカエデ ヨーロッパカエデ 

(チドリノキ)2021.4@小石川植物園

(チドリノキ)2020.12@小石川植物園
落葉小高木チドリノキ(千鳥の木;ムクロジ科カエデ属)。日本固有種で岩手県以南~四国、九州に分布し、山地の沢沿いに生育する。4月~5月頃、新緑がまばゆい対生する葉が多数展開し、枝の先端から垂れ下がる総状花序に淡黄色の小さな雄花がつく。秋には美しい紅葉が見られる。カエデの仲間だが、葉はカエデ特有の裂け目がなくブナやシデの葉に似る。ヤマシバカエデの別名あり。

樹木の花 > 樹の花ノート > チドリノキ(千鳥の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可