樹木の花 > 樹の花ノート > トウカエデ(唐楓、三角楓)
トウカエデ(唐楓、三角楓)
名 前 トウカエデ(唐楓、三角楓)
科 属 ムクロジ科カエデ属
分 布 中国原産、北海道~九州まで広く分布
開花時期 4月~5月
その他 落葉高木
カエデ、モミジ(カエデ属)の仲間 …… カエデ
   イタヤカエデ イロハモミジ ウリカエデ カジカエデ
   チドリノキ トウカエデ ハナノキ メグスリノキ
   ウラゲエンコウカエデ タムケヤマ ヒナウチワカエデ
   ヤクシマオナガカエデ ヨーロッパカエデ 

(トウカエデ)新葉と花 2021.4@小石川植物園

(トウカエデ)緑葉 2019.6@小石川植物園

(トウカエデ)紅葉 2020.12@小石川植物園

(トウカエデ)紅葉 2020.12@小石川植物園
中国東南部の揚子江沿岸地帯を原産とする落葉高木トウカエデ(唐楓;ムクロジ科カエデ属)。江戸時代に渡来し、北海道から九州まで広く分布する。春に散房状の花序がつき、多くの淡黄色の5弁の小花が咲く。葉は浅く三つに裂けた形状を有し、三角楓の別名あり。秋の紅葉が美しく大気汚染などの公害に強いことから、公園木や街路樹などに用いられている。

樹木の花 > 樹の花ノート > トウカエデ(唐楓、三角楓)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可