樹木の花 > 樹の花ノート > カエデ(楓)、モミジ(紅葉)
カエデ(楓)、モミジ(紅葉)
名 前 カエデ、モミジ … カエデ属 の落葉高木の総称
科 属 ムクロジ科カエデ属
分 布 日本には26種類のカエデが自生
開花時期 春~初夏
その他 落葉高木、古典園芸植物
カエデ、モミジ(カエデ属)の仲間 …… カエデ
  イタヤカエデ イロハモミジ ウラゲエンコウカエデ ウリカエデ
  カジカエデ タムケヤマ チドリノキ トウカエデ ノムラモミジ
  ハナノキ ヒナウチワカエデ メグスリノキ ヤクシマオナガカエデ
  ヨーロッパカエデ 

 あざやかな新緑と花穂 2010.4@小石川植物園

 美しい紅葉 2004.11@奥入瀬

 美しい紅葉 2009.11@山刀伐峠
ムクロジ科カエデ属の落葉高木を総称してカエデ(楓)と呼ぶ。また、紅葉を強調してモミジ(紅葉)ともいう。日本にはイロハモミジをはじめ26種類のカエデが自生する。葉の形がカエルの手に似ていることから、カエデの和名が由来。春~初夏の鮮やかな新緑の中で小さな花がひっそりと咲く。秋には美しい紅葉を楽しむことができる。江戸時代から盛んに園芸種が作られた。古典園芸植物の一つ。


(タムケヤマ)紅葉 2017.11@新宿御苑
美しく真赤に紅葉したタムケヤマ(手向け山;ムクロジ科カエデ属)。イロハモミジの変種のヤマモミジ系の紅枝垂の代表的な園芸品種。葉に細かい切れ込みがあるのが特徴です。和名は古今和歌集の菅原道真の歌(このたびは 幣もとりあへずたむけ山 紅葉の錦 神のまにまに) に由来。

(ノムラモミジ)新緑 2015.5@皇居東御苑

(ノムラモミジ)緑葉 2017.7@わが家

(ノムラモミジ)紅葉 2021.12@わが家
ノムラモミジ(濃紫紅葉;ムクロジ科カエデ属)。イロハモミジの変種の落葉小高木。葉の色は環境によって変化するが、多くは春先の新緑から晩秋の紅葉まで、濃紫色~紅色の葉をつける。また、その間の夏頃になると赤みが抜け、緑色になる。庭木として愛用される。


(ヒナウチワカエデ)紅葉の開始 2018.7@日光植物園
ヒナウチワカエデ(雛団扇楓;ムクロジ科カエデ属)。日本固有種で福島以南の本州、四国、九州に分布し、低山の沢沿いに自生する落葉高木。葉がハウチワカエデに似ていて、全体に小振りなことから和名が由来。まだ7月ですが、少し紅葉が始まっています。


(ヤクシマオナガカエデ)新葉 2021.4@小石川植物園

(ヤクシマオナガカエデ)新葉 2022.4@小石川植物園

(ヤクシマオナガカエデ)黄葉 2016.12@小石川植物園

(ヤクシマオナガカエデ)紅葉 2021.12@小石川植物園
ヤクシマオナガカエデ(屋久島尾長楓;ムクロジ科カエデ属)。日本固有種で屋久島に分布し、低地〜山地の生える落葉高木。葉はあまり分裂しないで、3~5浅裂する。葉の先端部が尾状に少し突き出ているのが特徴。晩秋の枝先に花穂、実の名残が見られる。


(ヨーロッパカエデ)緑葉 2019.6@小石川植物園

(ヨーロッパカエデ)黄葉 2016.12@小石川植物園
ヨーロッパカエデ(ムクロジ科カエデ属)。ヨーロッパから西アジアに分布する落葉高木。欧州の街路樹に多く見られる。ノルウェ-カエデとも呼ばれます。

樹木の花 > 樹の花ノート > カエデ(楓)、モミジ(紅葉)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可