野の花プラス > 野の花ノート:ニリンソウ(二輪草)
ニリンソウ(二輪草)
名 前 ニリンソウ(二輪草) 別名:鵝掌草
科 属 キンポウゲ科イチリンソウ属
分 布 北海道~九州に分布、湿潤な山地の林床などに生育
開花時期 3月~6月
その他 多年草、スプリング・エフェメラルの一つ
イチリンソウ属の仲間
   イチリンソウ アズマイチゲ キクザキイチゲ ニリンソウ
   ハルオコシ ユキワリイチゲ シュウメイギク

(ニリンソウ)2006.4@小石川植物園

(ニリンソウ)2017.4@小石川植物園
北海道、本州、四国、九州に分布し、山麓の林の縁や林の中、土手などに生えるニリンソウ(二輪草)。ひとつの茎に通常2輪の白い花が咲くことからこの名がつく。葉が複雑に裂けた掌状となることから、鵝掌草(ガショウソウ)の別名あり。若葉は山菜として食用にされるが、有毒植物のトリカブトの若葉に似ているので要注意。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。スプリング・エフェメラルの一つ。

(ニリンソウ)2018.3@三毳山
この時期の三毳山の野草の園は、自生するいろんなスプリング・エフェメラルの野の花が咲き出していて、まさに春の花園です。これはニリンソウ(二輪草;キンポウゲ科イチリンソウ属)です。これ以外にもカタクリ(片栗;ユリ科カタクリ属)、キクザキイチゲ(菊咲一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)、アズマイチゲ(東一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)などが競って咲いています。

(ニリンソウ)2010年4月@箱根湿生花園
箱根湿生花園に群生するニリンソウ。

野の花プラス > 野の花ノート:ニリンソウ(二輪草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可