野の花プラス > 野の花ノート:ハルオコシ
ハルオコシ
名 前 ハルオコシ(春おこし)
科 属 キンポウゲ科イチリンソウ属
分 布 ヨーロッパの北部から小アジア、アジアの北西部に分布
開花時期 3月~6月
その他 多年草、スプリング・エフェメラルの一つ
イチリンソウ属の仲間
   イチリンソウ アズマイチゲ キクザキイチゲ ニリンソウ
   ハルオコシ ユキワリイチゲ シュウメイギク

(ハルオコシ)2018.4@大柿花山
ハルオコシ(キンポウゲ科イチリンソウ属)の花が栃木の大柿花山で咲いていました。半八重咲きの白い花びらの周りに、緑色のがく片と総苞葉がついています。欧州原産のヤブイチゲ(アネモネ・ネモローサ)の八重咲の品種。スプリング・エフェメラルの一つで、夏になると葉が枯れて休眠しそのまま越冬します。

野の花プラス > 野の花ノート:ハルオコシ

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可