樹木の花 > 樹の花ノート > コナラ(小楢)
コナラ(小楢)
名 前 コナラ(小楢)
科 属 ブナ科コナラ属
分 布 北海道~九州に分布し、雑木林に多く見られる
開花時期 4月~5月頃
その他 落葉高木
コナラ属の仲間
    アベマキ カシワ クヌギ コナラ アカガシ シラカシ

(コナラ)広がる新緑 2019.4@小石川植物園

(コナラ)新葉 2021.4@小石川植物園

(コナラ)若葉 2019.5@小石川植物園

(コナラ)紅葉 2020.12@小石川植物園

(コナラ)紅葉 2018.12@小石川植物園
コナラ(小楢;ブナ科コナラ属)。北海道~九州に分布し、雑木林に多く見られる落葉高木。雌雄同株で、4月~5月頃、葉の展開とともに花序がつく。葉は互生し、長楕円型で先端が尖る。樹皮は灰色で、縦に裂け目ができる。樹液にカブトムシやクワガタ、スズメバチ、蝶などの昆虫が集まり、秋にはどんぐりの実がつく。また、木炭の原料やシイタケの原木に用いられる。

樹木の花 > 樹の花ノート > コナラ(小楢)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可