樹木の花 > 樹の花ノート > ヒマラヤウラジロガシ
ヒマラヤウラジロガシ
名 前 ヒマラヤウラジロガシ
科 属 ブナ科コナラ属
分 布 ヒマラヤ地方の標高の高い山地に自生
開花時期 5月~6月頃
その他 常緑高木
コナラ属の仲間
(ナラ類)アカガシワ アベマキ カシワ クヌギ コナラ ナラガシワ
(カシ類)アカガシ ウバメガシ シラカシ ツクバネガシ
     ヒマラヤウラジロガシ

(ヒマラヤウラジロガシ)2022.1@小石川植物園
ヒマラヤウラジロガシ(ヒマラヤ裏白樫;ブナ科コナラ属)。ヒマラヤ地方に分布する常緑高木。耐寒性が高く、標高の高い山地に自生する。樹皮は茶色で幹は直立する。革質の葉の表面には光沢があり、裏面は蝋質で白みを帯びる。5月~6月頃に花序がつき、翌年堅果が熟す。公園樹や街路樹に用いられる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ヒマラヤウラジロガシ

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可