樹木の花 > 樹の花ノート:タイザンボク(泰山木)
タイザンボク(泰山木)
名 前 タイザンボク(泰山木)
科 属 モクレン科モクレン属 Magnolia亜属
分 布 北米原産
開花時期 6月~7月
その他 常緑高木
モクレン属の仲間
   タイザンボク コブシ シデコブシ ベニコブシ
   シモクレン ハクモクレン ウンナンオガタマ ミヤマガンショウ

(タイザンボク)2008.6@小石川植物園

(タイザンボク)2003.6@小石川植物園

(タイザンボク)2002.6@サンシャイン公園

(タイザンボク)2013.6@皇居東御苑
北米原産の常緑高木タイザンボク(泰山木)。6月頃、大木の樹上に威風堂々の白い大きな花が上向きに咲きます。花の中心部に黄色の雄しべが密生する。高所に神々しく咲く花は王者の風格があります。光沢ある常緑の緑葉と大輪の純白の花のコラボは見ごたえがある。モクレン科モクレン属 Magnolia亜属。

(ヒメタイザンボク)2015.9@小石川植物園
タイザンボクの近縁種で、北米原産の半落葉小高木ヒメタイサンボク(姫泰山木;モクレン科モクレン属)。秋に赤い実を付けます。ヒメタイサンボクはタイザンボクと比べて葉の厚さが薄く大きさも小さめ。

樹木の花 > 樹の花ノート:タイザンボク(泰山木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可