樹木の花 > 樹の花ノート > ホオノキ(朴木)
ホオノキ(朴木)
名 前 ホオノキ(朴木)
科 属 モクレン科モクレン属 Magnolia亜属
分 布 北海道から九州まで分布する
開花時期 5月~6月頃
その他 落葉高木
モクレン属の仲間
   タイサンボク ヒメタイサンボク ホオノキ
   コブシ シデコブシ ベニコブシ シモクレン ハクモクレン
   ウンナンオガタマ ミヤマガンショウ

(ホオノキ)新葉~花 2021.4@小石川植物園

(ホオノキ)緑葉 2019.6@小石川植物園

(ホオノキ)黄葉 2018.12@小石川植物園
ホオノキ(朴木;モクレン科モクレン属 Magnolia亜属)。北海道から九州まで分布する落葉高木。春に新葉が展開し、基部に托葉がつく。その後大きな輪生状の葉の真ん中から淡黄色の大きな花が顔を出し、上向きに咲くが、樹木の下からはなかなかよく見えない。大きな葉(朴葉)は枝先に束生し、輪生状に見える。一見するとトチノキの葉とよく似るが、葉縁にギザギザがなく、葉が一枚一枚に分かれている。朴葉は香りもよく殺菌作用があるため、昔から食物を盛る器として用いられてきた。秋には黄葉が見られる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ホオノキ(朴木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可