樹木の花 > 樹の花ノート > ヒメタイサンボク(姫泰山木)
ヒメタイサンボク(姫泰山木)
名 前 ヒメタイサンボク(姫泰山木)
科 属 モクレン科モクレン属 Magnolia亜属
分 布 北米原産
開花時期 6月~7月
その他 半落葉小高木
モクレン属の仲間
   タイサンボク ヒメタイサンボク ホオノキ
   コブシ シデコブシ ベニコブシ シモクレン ハクモクレン
   ウンナンオガタマ ミヤマガンショウ

(ヒメタイサンボク)2021.6@小石川植物園

(ヒメタイサンボク)赤い実 2015.9@小石川植物園
北米原産の半落葉小高木ヒメタイサンボク(姫泰山木;モクレン科モクレン属)。初夏に芳香のある乳白色の花が樹中に咲く。互生する単葉の葉の表面は光沢があり、裏面は白色を帯びる。秋に赤い実(袋果)を付け、熟すと割れて、中から赤い種子が出る。ヒメタイサンボクは近縁種(Magnolia亜属)のタイサンボクと比べて花・葉の大きさや樹高が小さく、葉の厚さが薄い。

樹木の花 > 樹の花ノート > ヒメタイサンボク(姫泰山木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可