野の花プラス > 野の花ノート:シオン(紫苑)
シオン(紫苑)
名 前 シオン(紫苑)
科 属 キク科シオン属
分 布 東アジア原産、九州の山間部に自生
開花時期
その他 多年草
シオン属の仲間
   ゴマナ コンギク サワシロギク シオン シラヤマギク
   チョクザキヨメナ ノコンギク ハコネギク

(シオン)2014.10@小石川植物園

(シオン)2016.10@小石川植物園
薄い紫色のシオン(紫苑)の花がゆらゆらと優雅に風にたなびいています。日本には、古い時代に薬草として渡来したが、花が美しいので薬草より観賞用として栽培が盛んになったとのこと。栽培の歴史は古く、「今昔物語」にも出てくる。東アジア原産で九州の山間部に自生する多年草。キク科シオン属。

(シオン)2012.1@小石川植物園
晴れた冬空の下、シオンの枯れた花姿です。

(シオン)2016.10@神代植物公園
シオン(紫苑;キク科シオン属)。神代植物公園でも盛んに咲いていました。根、根茎に去痰作用、利尿作用があり、生薬名も紫苑です。

野の花プラス > 野の花ノート:シオン(紫苑)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可