野の花プラス > 野の花ノート > ユキモチソウ(雪餅草)
ユキモチソウ(雪餅草)
名 前 ユキモチソウ(雪餅草)
科 属 サトイモ科テンナンショウ属
分 布 日本の三重、奈良、四国の限られた地域にのみ自生
開花時期 3月~5月
その他 多年草
ナンテンショウ属の仲間
   ウラシマソウ トウゴクマムシグサ マムシグサ ムサシアブミ
   ユキモチソウ

(ユキモチソウ)2019.3@足摺岬
ユキモチソウ(雪餅草)が足摺岬のビロウ自生地の周りに白い花を付けて群生していました。ユキモチソウは花の中央部に雪のように白い餅に見える付属体があるのが特徴。世界的に見ても日本の三重、奈良、四国の限られた地域にのみ自生。サトイモ科テンナンショウ属の多年草。

野の花プラス > 野の花ノート > ユキモチソウ(雪餅草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可