野の花プラス > 野の花ノート:ムサシアブミ(武蔵鐙)
ムサシアブミ(武蔵鐙)
名 前 ムサシアブミ(武蔵鐙)
科 属 サトイモ科テンナンショウ属
分 布 関東地方~沖縄の海岸近くの林で多く見られる
開花時期 3月~5月
その他 多年草
ナンテンショウ属の仲間
   ウラシマソウ トウゴクマムシグサ マムシグサ ムサシアブミ
   ユキモチソウ

(ムサシアブミ)2019.3@宇和島城
ムサシアブミ(武蔵鐙)が宇和島城の草地に群生していました。花(仏炎苞)の形が鐙に似ていることから和名が由来。関東以西、四国、九州、沖縄に分布し、やや湿った林下、特に海岸近くの林で多く見られる。2個の長い葉柄、その先の大きな3個の小葉が特徴的。サトイモ科テンナンショウ属の多年草。

野の花プラス > 野の花ノート:ムサシアブミ(武蔵鐙)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可