野の花プラス > 野の花ノート > ショウジョウソウ(猩猩草)
ショウジョウソウ(猩猩草)
名 前 ショウジョウソウ(猩猩草)
科 属 トウダイグサ科トウダイグサ属
分 布 奄美、琉球、小笠原地方に自生
開花時期 7月~10月
その他 一年草
トウダイグサ属の仲間 
 (草本)トウダイグサ ショウジョウソウ チャボタイゲキ ノウルシ
 (木本)ショウジョウボク ハナキリン

(ショウジョウソウ)2018.6@新宿御苑
熱帯地域に広く分布し、日本では奄美、琉球、小笠原地方に自生するショウジョウソウ(猩猩草)。葉や花の形状がよく似る同属のショウジョウボク(木本)は苞葉全体が色づくのに対し、ショウジョウソウは苞葉の基部が赤や白に色づく。トウダイグサ科トウダイグサ属の一年草。

野の花プラス > 野の花ノート > ショウジョウソウ(猩猩草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可