樹木の花 > 樹の花ノート > ショウジョウボク(猩々木)
ショウジョウボク(猩々木)
名 前 ショウジョウボク(猩々木) 別名:ポインセチア
科 属 トウダイグサ科トウダイグサ属
分 布 メキシコ原産
開花時期 11月~3月
その他 常緑低木
トウダイグサ属の仲間
 (木本)ショウジョウボク
 (草本)トウダイグサ ショウジョウソウ チャボタイゲキ ノウルシ

(ショウジョウボク)2013.1@新宿御苑温室

(ショウジョウボク)2018.6@新宿御苑温室

(ショウジョウボク)2009.11@わが家
メキシコ原産の常緑低木ショウジョウボク(猩々木;トウダイグサ科トウダイグサ属)。年末頃から杯状の花序が形成され、下の苞葉全体が美しく赤く染まる。沖縄では庭園、公園、民家などで用いられる。クリスマスが近くなると花屋に鉢物が出回り、ポインセチアとして親しまれている。俳句の世界では冬の季語とされている。大酒飲みの赤い顔が特徴の伝説上の動物である猩々に因んで和名が付く。同属のショウジョウソウ(草本)と全体的によく似る。

樹木の花 > 樹の花ノート > ショウジョウボク(猩々木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可