野の花プラス > 野の花ノート > ハブソウ(波布草)
ハブソウ(波布草)
名 前 ハブソウ(波布草)
科 属 マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属
分 布 米国南部~熱帯アメリカが原産
開花時期
その他 一年草
センナ属の仲間
   (草本) ハブソウ エビスグサ
   (木本) コバノセンナ ハナセンナ モクセンナ

(ハブソウ)2005.8@小石川植物園
米国南部~熱帯アメリカが原産のハブソウ(波布草)の黄色の花。ハブなどの毒蛇に咬まれたときに、ハブソウの葉を揉んで、傷口にその汁をすりこんで用いられてきた。健康食品のハブ茶にはハブソウの種ではなく、同属のエビスグサの種が使われている。日本へは江戸時代に渡来。マメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の一年草。

野の花プラス > 野の花ノート > ハブソウ(波布草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可