野の花プラス > 野の花ノート > マツムシソウ(松虫草)
マツムシソウ(松虫草)
名 前 マツムシソウ(松虫草)
科 属 スイカズラ科マツムシソウ属
分 布 日本の固有種、北海道~九州の山地の草原に生育
開花時期 8月~10月
その他 多年草、薬効あり(皮膚病)
(マツムシソウ)2008.6@小石川植物園
日本の固有種で北海道~九州の山地の草原に生育するマツムシソウ(松虫草)。薄紫色の美しい花に昆虫がさかんに集まっています。皮膚病に効く薬草。松虫の鳴く頃に花が咲くことが和名の由来。スイカズラ科マツムシソウ属の多年草。

(マツムシソウ)2011.9@箱根湿生花園
箱根湿生花園で見かけたスイカズラ科の多年草マツムシソウ(松虫草)。全国の山地の草原に分布。

(マツムシソウ)2012.8@霧ヶ峰高原 八島湿原
初秋の霧ヶ峰高原では、夏の高原を彩るニッコウキスゲ(ゼンテイカ)が残念ながら7月で終わり。この時期の代表的な花はマツムシソウ(松虫草;マツムシソウ科マツムシソウ属)です。

(マツムシソウ)2015.9@白馬五竜高山植物園
マツムシが鳴く秋の高原(白馬五竜高山植物園)に色鮮やかな青紫色のマツムシソウ(松虫草;マツムシソウ科マツムシソウ属)が群生していました。枯れた個体の根元にこぼれた種から、新しい株がたくさん育ってきます。群生の中にオヤマリンドウの花も交じっています。

野の花プラス > 野の花ノート > マツムシソウ(松虫草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可