野の花プラス > 野の花ノート > マルバキンレイカ(丸葉金鈴花)
マルバキンレイカ(丸葉金鈴花)
名 前 マルバキンレイカ(丸葉金鈴花)
科 属 スイカズラ科オミナエシ属
分 布 新潟県以北~北海道に分布
開花時期 7月~8月
その他 多年草
オミナエシ属の仲間  オトコエシ オミナエシ マルバキンレイカ

(マルバキンレイカ)2021.6@小石川植物園
新潟県以北~北海道に分布する多年草マルバキンレイカ(丸葉金鈴花;スイカズラ科オミナエシ属)。山地の草原、湿原、岩礫地などに生育する。7月~8月、オミナエシに似た黄色の小花を集散花序に多数つける。広卵形で羽状に浅裂する葉は、茎に対生する。太い地下茎が横に伸びる。同属のキンレイカに比べて葉が丸みを帯びていることから和名が由来。

野の花プラス > 野の花ノート > マルバキンレイカ(丸葉金鈴花)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可