樹木の花 > 樹の花ノート > トチノキ(栃の木)
トチノキ(栃の木)
名 前 トチノキ(栃の木)
科 属 ムクロジ科トチノキ属
分 布 日本原産、東日本を中心に分布
開花時期 5月頃
その他 落葉高木
トチノキ属の仲間
  トチノキ アカバナトチノキ セイヨウトチノキ ベニバナトチノキ

(トチノキ)花穂 2020.5@小石川植物園

(トチノキ)花穂 2018.5@東北自動車 那須高原S.A

(トチノキ)黄葉と栃の実 2019.11@小石川植物園
温帯の落葉広葉樹林を構成する落葉高木トチノキ(栃の木)。大きな緑葉が茂る枝先に大きい円錐状の白い花序が多数直立する。枝先の大きな葉は掌状複葉で、長い葉柄の先に倒卵形の数枚の小葉が掌状につく。晩秋に大樹の黄葉が輝き、木の下に栃の実が見つかる。日本原産で東日本を中心に分布し、特に東北地方に多く見られる。ムクロジ科トチノキ属。

(トチノキ)街路樹 2021.5@桜田通り
警視庁や法務省などの官庁の建物が集まる桜田通り(桜田門付近)のトチノキ(栃の木)の街路樹。建物の前の立派なトチノキの大樹が満開になっていて、多数の上向きで円錐状の白い花穂がニョキニョキと直立しています。

樹木の花 > 樹の花ノート > トチノキ(栃の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可