樹木の花 > 樹の花ノート > レンゲツツジ(蓮華躑躅)
レンゲツツジ(蓮華躑躅)
名 前 レンゲツツジ(蓮華躑躅)
科 属 ツツジ属シャクナゲ亜属レンゲツツジ節
分 布 北海道から九州の日当たりのよい草原に多く自生する
開花時期 4月~6月
その他 落葉低木、有毒植物、キレンゲツツジ(黄花の品種)
ツツジ(ツツジ属)

(レンゲツツジ)2012.5@小石川植物園

(レンゲツツジ)2023.6@奥日光湯ノ湖湖畔

(レンゲツツジ)2015.7@戦場ヶ原
レンゲツツジ(蓮華躑躅;ツツジ属シャクナゲ亜属レンゲツツジ節)。北海道から九州に分布し、高原の日当たりのよい草原などに多く自生する落葉低木。4月~6月頃、新葉の展開と同時に朱色の花が咲く。枝先に形成される総状花序に複数個の花をつける。輪をなすようにつく花の様子が蓮華に似ることから和名が由来。大輪の花を観賞するための庭木として人気がある。全木が有毒。

(キレンゲツツジ)2006.4@根津神社
キレンゲツツジ(黄蓮華躑躅;ツツジ属シャクナゲ亜属レンゲツツジ節)。レンゲツツジの黄花の品種。葉の展開とともに、枝先に黄色の花が数個まとまって咲く。柔らかい感じの大輪の五弁花です。文京区の根津神社で見かけました。

樹木の花 > 樹の花ノート > レンゲツツジ(蓮華躑躅)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可