樹木の花 > 樹の花ノート > ラクウショウ(落羽松、沼杉)
ラクウショウ(落羽松、沼杉)
名 前 ラクウショウ(落羽松、沼杉)
科 属 ヒノキ科ヌマスギ属
分 布 北米原産
開花時期 4月頃
その他 落葉針葉樹
(ラクウショウ)冬木立 2019.1@小石川植物園

(ラクウショウ)新緑と球形の実 2018.4@小石川植物園

(ラクウショウ)新緑 2018.4@小石川植物園

(ラクウショウ)緑色の球形の実 2019.6@小石川植物園

(ラクウショウ)気根 2004.9@小石川植物園

(ラクウショウ)熟した球形の実 2015.11@小石川植物園

(ラクウショウ)褐色の紅葉 2012.12@小石川植物園
北米原産の落葉針葉樹のラクウショウ(落羽松;ヒノキ科ヌマスギ属)。湿地に生育し、木元が少し水につかった状態で自生することが多く、ヌマスギ(沼杉)とも呼ばれる。湿地に生えるラクウショウには幹の周りに呼吸のための気根が地表に飛び出る。一見すると小さな仏像が立ち並んでいるように見える。開花期は4月頃で、緑色の球形の実がつくようになる。葉の形状はメタセコイアによく似るが、葉のつき方はメタセコイアが対生でラクウショウは互生。晩秋には褐色に紅葉し、熟した球形の実が紅葉の樹木に多数つく。


(ラクウショウ)並木 2021.5@サンシャイン公園
サンシャイン公園(東池袋中央公園)はサンシャイン60ビルに隣接した小さな森のような静かな公園です。この公園の正面入口付近に24本のラクウショウ(落羽松)が植樹されています。秋には見事な紅葉の並木道になる。

樹木の花 > 樹の花ノート > ラクウショウ(落羽松、沼杉)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可