樹木の花 > 樹の花ノート > モチノキ(黐の木)
モチノキ(黐の木)
名 前 モチノキ(黐の木)
科 属 モチノキ科モチノキ属
分 布 東北地方南部~沖縄まで分布
開花時期
その他 常緑高木、庭木の三大名木の一つ
モチノキ属の仲間  アメリカヒイラギ タラヨウ モチノキ
     (赤い実)  クロガネモチ シナヒイラギ

(モチノキ)2021.4@小石川植物園

(モチノキ)2019.5@小石川植物園
東北地方南部~沖縄まで分布する常緑高木モチノキ(黐の木;モチノキ科モチノキ属)。塩害に強く暖かい地方の海辺に自生する。春、短い枝に黄緑色の花が束になって咲き、晩秋には赤い実を付ける。刈り込みに強いことから公園、庭などに植栽される。モッコク、モクセイと共に庭木の三大名木とされ、日本庭園にはよく用いられる。樹皮から鳥黐(トリモチ)を作ることができることが和名の由来。
モチノキ属の仲間にはクロガネモチシナヒイラギタラヨウなど晩秋に赤い実を付けるものが多い。

(クロガネモチ)2013.1@小石川植物園
クロガネモチ(黒鉄黐;モチノキ科モチノキ属)。関東以西~沖縄の山野に生える常緑高木。晩秋に赤い実が樹木全体にたわわに付く。公園樹、街路樹として用いられる。また、クロガネモチが金持ちに通じる縁起木として庭木として好まれる地域もある。

(シナヒイラギ)2008.1@小石川植物園
シナヒイラギ(支那柊;モチノキ科モチノキ属)。中国、朝鮮半島などが原産の常緑小高木。秋から冬にかけて実が赤く熟すため、かつて縁起物として多用された。今ではセイヨウヒイラギ とともにクリスマスリースに用いられ、人気がある。英名はクリスマス・ホーリー。

樹木の花 > 樹の花ノート > モチノキ(黐の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可