樹木の花 > 樹の花ノート > マユミ(真弓、山錦木)
マユミ(真弓、山錦木)
名 前 マユミ(真弓) 別名:ヤマニシキギ(山錦木)
科 属 ニシキギ科ニシキギ属
分 布 北海道~九州の山地に自生
開花時期 初夏
その他 落葉低木
ニシキギ属の仲間  ヒゼンマユミ マユミ

(マユミ)果実の殻 2019.1@小石川植物園
北海道~九州の山地に分布する落葉低木マユミ(真弓;ニシキギ科ニシキギ属)。ヤマニシキギ(山錦木)の別名あり。初夏に新しい梢の根本近くに小さな4弁の花がつく。秋の紅葉や果実が美しく、庭木として親しまれている。また、新芽は山菜として食用にされる。マユミは材質が強くよくしなることから、古来より弓の材料として用いられてきた。上の写真はピンク色の果実の殻で、まるで枝から垂れ下がる花のように見える。

(マユミ)花の蕾 2021.4@小石川植物園
新緑の小枝から花序が垂れ下がっています。このアト初夏に小さな白い花がつきます。

(マユミ)花 2010.5@小石川植物園
マユミ(真弓)の緑葉が陽光に輝いています。対生する葉は細かい鋸歯があり、葉脈がはっきりしている。よく見ると、小枝から垂れる花序に多くの白~淡緑色の4弁の小花がついています。

樹木の花 > 樹の花ノート > マユミ(真弓、山錦木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可