樹木の花 > 樹の花ノート > カキノキ(柿の木)
カキノキ(柿の木)
名 前 カキノキ(柿の木)
科 属 カキノキ科カキノキ属
分 布 東アジア固有種
開花時期 初夏
その他 落葉小高木
カキノキ属の仲間  カキノキ セッコウガキ リュウキュウマメガキ
    (柿の実)シセントキワガキ ロウヤガキ 

(カキノキ)新葉 2021.4@小石川植物園

(カキノキ)緑葉 2019.6@小石川植物園

(カキノキ)青い実 2021.6@小石川植物園

(カキノキ)柿の実 2004.10@山形

(カキノキ)柿の実 2013.11@山形

(カキノキ)黄葉 2008.11@小石川植物園

(カキノキ)紅葉 2003.11@小石川植物園
カキノキ(柿の木;カキノキ科カキノキ属)。東アジア固有種の落葉小高木。 日本では果樹として、青森以南の本州、四国、九州の各地で栽培されている。秋の果実の柿は代表的な秋の味覚です。また、ポリフェノールやタンニン、ビタミンCなどを多く含む柿の葉には様々な効用がある。初夏に淡黄色の地味な花をつける。葉は互生する。楕円形~卵形で先端が尖り、表面に光沢がある。

樹木の花 > 樹の花ノート > カキノキ(柿の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可