野の花プラス > 野の花ノート > キツネノマゴ(狐の孫)
キツネノマゴ(狐の孫)
名 前 キツネノマゴ(狐の孫)
科 属 キツネノマゴ科キツネノマゴ属
分 布 本州~九州に分布、野原や道端で普通に生える
開花時期 8月~10月
その他 一年草
キツネノマゴ属の仲間
 (草本)キツネノマゴ
 (木本)コエビソウ  サンゴバナ  ジャスティシア・ベトニカ

(キツネノマゴ)2018.9@小石川植物園

(キツネノマゴ)2014.9@小石川植物園

(キツネノマゴ)2004.9@小石川植物園
本州~九州に分布し、野原や道端で普通に見られるキツネノマゴ(狐の孫)の小さい花です。面白い名前ですが、花が子ギツネの顔に似ているからといわれています。アゲハやアブ等が盛んに蜜を吸っていました。キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草。

野の花プラス > 野の花ノート > キツネノマゴ(狐の孫)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可