野の花プラス > 野の花ノート:キバナカタクリ(黄花片栗)
キバナカタクリ(黄花片栗)
名 前 キバナカタクリ(黄花片栗)
別名:西洋カタクリ、洋種カタクリ
科 属 ユリ科カタクリ属
分 布 北米の亜高山帯の山地に自生、日本へは園芸用に渡来
開花時期 3月~5月
その他 球根植物、スプリング・エフェメラルの一つ
カタクリ属の仲間  カタクリ キバナカタクリ

(キバナカタクリ)2018.4@大柿花山
キバナカタクリ(黄花片栗;ユリ科カタクリ属)の黄色の可憐な花が栃木の大柿花山の山中の所々に咲いていました。北米の亜高山帯の山地に自生し、日本へは園芸用に渡来。西洋カタクリとか洋種カタクリとも呼ばれる。キバナカタクリは、スプリング・エフェメラルの代表格で赤紫色の花のカタクリと同属です。花の形はカタクリとよく似ていますが、茎が長めで背丈が30~40㎝になります。キバナカタクリも開花後1ヶ月程度で葉が枯れてきて長い休眠期に入るといったサイクルを有するということですので、春の妖精の仲間になると思われます。

野の花プラス > 野の花ノート:キバナカタクリ(黄花片栗)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可