野の花プラス > 野の花ノート > ホソバノキクバクワガタ(細葉の菊葉鍬形)
ホソバノキクバクワガタ(細葉の菊葉鍬形)
名 前 ホソバノキクバクワガタ(細葉の菊葉鍬形)
科 属 オオバコ科ルリトラノオ属
分 布 北海道、北方領土に分布
開花時期 6月~8月頃
その他 多年草
ルリトラノオ属の仲間
  エゾミヤマクワガタ キクバクワガタ シラガミクワガタ
  シラゲキクバクワガタ ダイセンクワガタ ホソバノキクバクワガタ
  ミチノククワガタ ミヤマクワガタ

(ホソバノキクバクワガタ)2021.4@小石川植物園
ホソバノキクバクワガタ(細葉の菊葉鍬形;オオバコ科ルリトラノオ属)。北海道、北方領土に分布し、知床半島や南千島の高山に生える多年草。茎先に総状花序を形成し、濃い青紫色の花をたくさんつける。花冠は深く4つに裂けて横に開く。2本の雄しべと1本の雌しべが花冠から突き出る。キクの葉に似る葉は細く切れ込む。
「クワガタ」の名の由来。オオバコ科ルリトラノオ属の〇〇クワガタの植物は、花冠中央から長い1本の雌しべと両脇から2本の雄しべが突き出ている。この花姿が兜の鍬形に似ていることから「クワガタ」の名がつく。

野の花プラス > 野の花ノート > ホソバノキクバクワガタ(細葉の菊葉鍬形)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可