野の花プラス > 野の花ノート:エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)
エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)
名 前 エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)
科 属 ケシ科ケマンソウ亜科キケマン属
分 布 北海道から東北地方の日本海側に分布
開花時期 4月~5月
その他 多年草、スプリング・エフェメラルの一つ
キケマン属の仲間
   エゾエンゴサク オトメエンゴサク キケマン ジロボウエンゴサク
   ムラサキケマン

(エゾエンゴサク)2014.4@箱根湿生花園
エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)を初めて観察しました。細長い花冠の先端が唇形のように開く。和名は蝦夷に生え、地中の塊茎が漢方薬の延胡索に似ていることに由来。北海道から東北地方の日本海側に分布し、山地の湿った森林内、林縁部に生える。ケシ科ケマンソウ亜科キケマン属の多年草。スプリング・エフェメラルの一つ。
野の花プラス > 野の花ノート:エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)


季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可