樹木の花 > 樹の花ノート > シラカバ、シラカンバ(白樺)
シラカバ、シラカンバ(白樺)
名 前 シラカバ、シラカンバ(白樺)
科 属 カバノキ科カバノキ属
分 布 北海道~中部地方
開花時期 4月~5月頃
その他 落葉広葉樹
カバノキ属の仲間   ウダイカンバ シラカバ ミズメ

(シラカバ)朝モヤの中の白い樹肌 2016.4@八ヶ岳高原

(シラカバ)緑の若葉 2021.6@小石川植物園

(シラカバ)黄葉 2021.11@小石川植物園

(シラカバ)冬木立 2002.12@小石川植物園
北海道~中部地方の落葉広葉樹林帯、低山地などに分布するシラカバ(白樺;カバノキ科カバノキ属)。正式名称はシラカンバ。白い樹肌のカバノキの意味。光沢のある白い樹皮と緑の若葉のコントラストや、秋の黄葉が美しい。材質が堅く、木目も美しいことから家具材や家屋の内装に使われる。

樹木の花 > 樹の花ノート > シラカバ、シラカンバ(白樺)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可