樹木の花 > 樹の花ノート > センカクオトギリ(尖閣弟切)
センカクオトギリ(尖閣弟切)
名 前 センカクオトギリ(尖閣弟切)
科 属 オトギリソウ科オトギリソウ属
分 布 沖縄県尖閣諸島の魚釣島のみに分布
開花時期
その他 日本固有種、常緑低木
オトギリソウ属の仲間
   キンシバイ コボウズオトギリ センカクオトギリ
   ヒマラヤキンシバイ ビヨウヤナギ
(草本)
   トモエソウ ハイオトギリ

(センカクオトギリ)2021.4@小石川植物園
日本固有種で沖縄県尖閣諸島の魚釣島のみに分布するセンカクオトギリ(尖閣弟切;オトギリソウ科オトギリソウ属)。断崖の風衝地に生育する常緑低木。1970~1971年の琉球大学の学術調査により、魚釣島の山頂付近で発見された。夏に咲く雄しべが長い5弁の黄色の花は、他のオトギリソウ属の植物の花によく似る。園芸用の採取やヤギによる食害等により自生地及び個体数が減らしている。絶滅危惧IA類。

樹木の花 > 樹の花ノート > センカクオトギリ(尖閣弟切)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可