樹木の花 > 樹の花ノート > セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)
セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)
名 前 セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)
科 属 バラ科サクラ属バクチノキ亜属
分 布 ヨーロッパ東南部から西アジア原産
開花時期 4月~5月
その他 常緑小高木、桜の近縁種
(セイヨウバクチノキ)2006.4@小石川植物園
ヨーロッパ東南部から西アジア原産の常緑小高木セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)。4月~5月、葉の脇から直立するブラシのような形の総状花序が伸び、白い小さな花が多数咲く。近縁種のバクチノキは成長に伴って樹皮が剥げ落ち、この様子を博打に負けて身ぐるみをはがされることに見立てバクチノキの名が付いているが、セイヨウバクチノキの樹皮は剥げ落ちることはない。バラ科サクラ属バクチノキ亜属。

樹木の花 > 樹の花ノート > セイヨウバクチノキ(西洋博打の木)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可