樹木の花 > 樹の花ノート > オキナワハイネズ(沖縄這杜松)
オキナワハイネズ(沖縄這杜松)
名 前 オキナワハイネズ(沖縄這杜松)
科 属 ヒノキ科ヒノキ亜科ビャクシン属
分 布 本州太平洋側、伊豆諸島、南西諸島に分布
開花時期 4月~5月
その他 匍匐性の常緑針葉低木、日本固有種
ビャクシン属の仲間
  オキナワハイネズ エンピツビャクシン カイヅカイブキ

(オキナワハイネズ)2022.1@小石川植物園

(オキナワハイネズ)2009.6@小石川植物園 茂みからヒルガオの花
オキナワハイネズ(沖縄這杜松;ヒノキ科ヒノキ亜科ビャクシン属)。日本固有種で本州太平洋側、伊豆諸島、南西諸島に分布する匍匐性の常緑低木。海岸沿いの砂浜や岩場、原野に生育する。樹木は地表を覆うように横に這って伸びる。針状の葉は長さ2cm程で触れるとチクチクする。雌雄異株で4月~5月に開花する。
特に沖縄や奄美大島に多く見られ、葉が黄緑色、枝が上向きに生じるのが特徴。なお、伊豆大島で発見され、三浦半島、房総半島などにも自生するオオシマハイネズも、今ではオキナワハイネズと同種として分類される。

樹木の花 > 樹の花ノート > オキナワハイネズ(沖縄這杜松)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可