樹木の花 > 樹の花ノート:キンモクセイ(金木犀)
キンモクセイ(金木犀)
名 前 キンモクセイ(金木犀)
科 属 モクセイ科モクセイ属
分 布 中国南部原産
開花時期 10月頃
その他 常緑小高木、芳香花木
モクセイ属の仲間
   キンモクセイ ウスギモクセイ オオモクセイ ヒイラギ

(キンモクセイ)2012.10@小石川植物園

(キンモクセイ)2019.10@小石川植物園

(キンモクセイ)2011.10@昭和記念公園
中国南部原産の常緑小高木キンモクセイ(金木犀)。わが国には江戸時代に渡来し、本州から九州にかけて栽培が広がった。公園木や庭木などに多く利用される、10月頃、橙黄色の花が満開になったキンモクセイの周りには甘くいい香りが漂い広がる。街中を歩いていても、この香りを感じて振り返るとそこには橙黄色のキンモクセイといったことがままあります。まさに秋の季節の香りです。新春のロウバイ、春のジンチョウゲウメ、夏のクチナシなどとともに代表的な芳香花木。モクセイ科モクセイ属。

樹木の花 > 樹の花ノート:キンモクセイ(金木犀)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可