樹木の花 > 樹の花ノート > カイノキ(楷樹)
カイノキ(楷樹)
名 前 カイノキ(楷樹)
科 属 ウルシ科ウルシ属
分 布 中国、台湾及び東南アジアが原産
開花時期 4月~5月頃
その他 落葉高木
ウルシ属の仲間  カイノキ ハゼノキ ヤマハゼ  

(カイノキ)冬木立 2010.1@小石川植物園

(カイノキ)新緑 2009.5@小石川植物園

(カイノキ)緑葉 2018.6@小石川植物園

(カイノキ)黄葉 2017.11@小石川植物園
カイノキ(楷樹;ウルシ科カイノキ属)。中国、台湾及び東南アジアを原産とし、東アジアの温暖な地域に自生する落葉高木。枝ぶりが整っていることから、楷書にちなんで名がついたとされる。4月~5月頃、円錐花序を形成し、葉に先立って花が咲く。雌雄異株。葉は羽状複葉で濃い緑色。秋には美しく紅葉する。街路樹、公園木や庭園木などに用いられる。中国では科挙に合格したものに楷の笏を送ったことから、学問の聖木とされ、各地の孔子廟に植えられている。

樹木の花 > 樹の花ノート > カイノキ(楷樹)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可