樹木の花 > 樹の花ノート > ハナヒョウタンボク(花瓢箪木))
ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)
名 前 ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)
科 属 スイカズラ科スイカズラ属
分 布 群馬県や長野県などに自生する
開花時期 5月~6月
その他 落葉低木
スイカズラ属の仲間
   スイカズラ キンギンボク ハナヒョウタンボク
   ヤマウグイスカズラ ウグイスカズラ ツキヌキニンドウ

(ハナヒョウタンボク)2021.3@小石川植物園

(ハナヒョウタンボク)2021.4@小石川植物園

(ハナヒョウタンボク)2015.5@小石川植物園

(ハナヒョウタンボク)2008.11@小石川植物園
群馬県や長野県などに自生する落葉低木ハナヒョウタンボク(花瓢箪木)。葉の付け根付近に二輪ずつスイカズラに似た花が咲く。氷河期の生き残りといわれる。秋に赤く熟した球状の実が2個並んで木枝に付く。小鳥はこれを啄むが人間には有毒。スイカズラ科スイカズラ属。

樹木の花 > 樹の花ノート > ハナヒョウタンボク(花瓢箪木))
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可