樹木の花 > 樹の花ノート > エノキ(榎)
エノキ(榎)
名 前 エノキ(榎)
科 属 アサ科エノキ属
分 布 本州、四国、九州に自生する
開花時期 4月頃
その他 落葉高木
エノキ属の仲間  エノキ  コバノチョウセンエノキ

(エノキ)若葉 2019.6@小石川植物園

(エノキ)花穂、果実 2019.6@小石川植物園

(エノキ)万緑 2019.6@小石川植物園

(エノキ)黄葉 2019.12@小石川植物園
東アジアに分布する落葉高木エノキ(榎;アサ科エノキ属)。国内では本州、四国、九州に自生する。新葉がつく4月頃、葉の根元に小さな花を咲かせる。やがて果実は熟し橙褐色になる。葉は互生し、卵形で葉の縁に鋸歯状あり。晩秋には黄葉が見られる。エノキは大きな緑陰を作ることから各地の一里塚や社寺の境内、公園などで多く見られ、巨木が多い。漢字の「榎」は夏に日陰を作る樹を意味する和製漢字。


(コバノチョウセンエノキ)新緑、花穂 2019.4@小石川植物園
コバノチョウセンエノキ(小葉の朝鮮榎;アサ科エノキ属)。近畿地方以西~九州、沖縄 の山地に自生する落葉小高木。朝鮮半島にも分布する。石灰岩地や緑色岩地などに生える石灰岩植物の一つ。同属のエノキに似るが、樹皮は灰緑色から灰白色で、エノキの褐色系とは異なる。葉はエノキよりもやや小さくて細く、葉先が尾状に伸びる。

樹木の花 > 樹の花ノート > エノキ(榎)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可