樹木の花 > 樹の花ノート > アコウ(赤榕)
アコウ(赤榕)
名 前 アコウ(赤榕)
科 属 クワ科イチジク属
分 布 紀伊半島~九州、南西諸島に分布
開花時期 5月頃
その他 半常緑高木
イチジク属の仲間
  アカメイヌビワ イヌビワ オオバイヌビワ ハマイヌビワ
  ホソバイヌビワ ホソバムクイヌビワ ガジュマル アコウ
(蜂との共生)
多くのイチジク属植物は雄花序にコバチが寄生する。雄花序の奥側にある雌花に似た虫えい花にハチが産卵し、幼虫は雄花の果実を食べ成虫になる。初夏に成虫が外に出て雌花序に入り、授粉が行われる。このようにイヌビワ属の植物と寄生蜂は共生関係にある。

(アコウ)2021.4@小石川植物園

(アコウ)2021.9@小石川植物園
紀伊半島~九州、南西諸島の温暖な地方に分布する半常緑高木アコウ(赤榕;クワ科イチジク属)。雌雄異株で5月頃に開花する。葉腋につく花嚢の中に、他のイチジク属の仲間と同じように外から見えない花を咲かせ、授粉を媒介する寄生蜂と共生関係を有する。やや細長い楕円形の葉は互生し、つやがない。熟した実は鳥類に食べられ、樹の上などに運ばれて発芽・着生する。防風樹、防潮樹、街路樹として利用される。国の天然記念物に指定されている巨樹、古木も多い。
アコウの種子は鳥類によって散布されるが、その種子がアカギやヤシなどの樹木の上に運ばれ発芽して着生し、成長すると気根で親樹を覆い尽くし、枯らしてしまうこともある。そのため同属のガジュマルとともに絞め殺しの木とも呼ばれる。

(アコウ)2004.9@種子島
種子島の島内で見かけました。アコウの気根はガジュマルのような柱状にならず、幹に沿う。

樹木の花 > 樹の花ノート > アコウ(赤榕)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可