野の花プラス > 野の花ノート:ノコギリソウ(鋸草)
ノコギリソウ(鋸草)
ノコギリソウ(鋸草)+ 近縁種: シュムシュノコギリソウ
名 前 ノコギリソウ(鋸草)
科 属 キク科ノコギリソウ属
分 布 本州、北海道などの高地に生える
開花時期 7月~9月
その他 宿根草

(ノコギリソウ)2016.7@上三依植物園
ノコギリソウ(鋸草;キク科ノコギリソウ属)。本州、北海道などの標高1000メートル以上の高地に生える宿根草。葉がギザギザに切れ込んでいて、鋸の歯に似ていることから和名が由来。羽衣草(はごろもそう)の別名あり。

(シュムシュノコギリソウ)2009.7@小石川植物園
シュムシュノコギリソウ(占守鋸草;キク科ノコギリソウ属)。真っ白に凝集して咲いています。千島の北東端にある占守島の名前が付いていて、北海道に自生します。
 → ブログ記事(占守鋸草:戦争の忘れざるべき歴史を秘めた花)

野の花プラス > 野の花ノート:ノコギリソウ(鋸草)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可