野の花プラス > 野の花ノート:クサノオウ(瘡の王)
クサノオウ(瘡の王)
名 前 クサノオウ(瘡の王)
科 属 ケシ科クサノオウ属
分 布 日当りの良い草地、林縁などに生育
開花時期 4月~7月
その他 一年草(越年草)
(クサノオウ)2008.5@小石川植物園

(クサノオウ)2009.5@小石川植物園
北海道~九州に分布し、日当りの良い草地、林縁などに生育するクサノオウ(瘡の王)の黄色の花です。この頃になると、小石川植物園のあちこちの草むらで見かけるようになります。クサノオウは皮膚病の湿疹(くさ)を治す薬効があるために、瘡(くさ)の王(おう)と呼ばれ、古くから民間療法で薬草として使用されてきた。ケシ科クサノオウ属の一年草(越年草)。

野の花プラス > 野の花ノート:クサノオウ(瘡の王)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可