野の花プラス > 野の花ノート > コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠)
コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠)
名 前 コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠)
科 属 シュウカイドウ科シュウカイドウ属
分 布 沖縄県八重山諸島に自生
開花時期 春~夏
その他 多年草、絶滅危惧Ⅱ類
シュウカイドウ属の仲間  
   シュウカイドウ ベゴニア(球根ベゴニア、木立ベゴニア)
   コウトウシュウカイドウ

(コウトウシュウカイドウ)2021.3@小石川植物園 
コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠;シュウカイドウ科シュウカイドウ属)。沖縄の八重山諸島に自生し、森林内の渓流沿いの岩の上に生える。春~夏、根茎から伸びた花茎にうっすらとピンク色がかった白い花をつける。同属のシュウカイドウと違い、花が垂れ下がらない。葉は丸く、縁に細かい鋸歯がある。台湾、フィリピンにも分布し、紅頭とは発見地の台湾の島名。絶滅危惧Ⅱ類。
野の花プラス > 野の花ノート > コウトウシュウカイドウ(紅頭秋海棠)


季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可