野の花プラス > 野の花ノート > ハコベ(繁縷、ハコベラ)
ハコベ(繁縷、ハコベラ)
名 前 ハコベ(繁縷) … ハコベ属の草本の総称
科 属 ナデシコ科ハコベ属
分 布 全国の路傍や田畑にごく普通にみられる
開花時期 春から夏
その他 一年草または越年草、春の七草(ハコベラ)

(ハコベ)2012.4@小石川植物園
全国の路傍や田畑にごく普通にみられるハコベ(繁縷)。各地の路傍や畔などに自生する代表的な野草。ハコベラとして春の七草に数えられている。ハコベは、「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 緑なすはこべは萌えず 若草も籍くによしなし しろがねの衾の岡辺日に溶けて 淡雪流る」と島崎藤村の千曲川旅情の詩にも登場します。ナデシコ科ハコベ属の一年草または越年草。

野の花プラス > 野の花ノート > ハコベ(繁縷、ハコベラ)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可